トップ全日麻雀杯会員ルールプロテストメディア

 
[マイナビ]
[アマゾン]
 「麻雀においては牌効率(受け入れ枚数)→牌理(速度と打点のバランス)→状況判断(読みやルール対応)と打ち手のレベルが上がるほどに処理する情報が増えていきます。牌効率を学んでいる人に突然読みの話をしても、それは情報過多となり、雀力は上がらないどころか混乱の原因となることもあります。情報とは薬のようなもので摂取するタイミングと分量が重要なのです」―平澤元気―

本書は「絶対にラスを引かない麻雀」で高度化する現代麻雀戦術を論理的かつ分かりやすく解説してくれた平澤元気プロによる麻雀本第2弾です。
今回の主要テーマは攻撃です。本書では麻雀の攻撃における思考経路、つまり「牌効率」→「牌理」→「状況判断」の3段階の考え方を整理して提示しています。
   
ラスは技術で回避できる!

「麻雀は基本的には4人のうち1人しかアガれないゲーム。全体の半分以上は守備の時間なのです」(まえがきより)

本書は全日本麻雀協会所属の気鋭の若手であり、天鳳十段の平澤元気プロによるラス回避のための戦術書です。
麻雀でラスになることは簡単ですが、そのマイナスを取り返すのは非常に大変です。しかし、ラスが技術で回避できるとしたらどうでしょうか?平均順位が上がり、トータルで勝ち組になれる確率は格段にあがるでしょう。
本書ではラス回避の技術が極めて論理的に解説されています。

[マイナビ]
[アマゾン] 
   
 常識とされてきたセオリーが数学的根拠により、覆された。
以下、「何を切る?」で確認してみよう。

何を切る?         解答→

リーチする?       解答→

           東家の捨牌
何を切る?        解答→
[マイナビ]
[アマゾン]
   
[マイナビ]
[アマゾン]
[マイナビ]
[アマゾン]
[マイナビ]
[アマゾン]
[マイナビ]
[アマゾン]
[アマゾン]





(C) 全日本麻雀協会 All Rights Reserved